実印は日々の暮らしに欠かせない日本人にとって身近なアイテム

子供のプライバシーを守る 印鑑作成

実印と印鑑証明について

実印が必要になるのは、高額な金銭を取引する際に、契約書類に必要になります。契約書類に実印を押し、印鑑証明書と照らし合わせて本人確認を行います。では、高額な取引とはどういう取引なのか具体例を上げます。マンションや一戸建て、土地などの不動産を購入、売却するとき、住宅ローンを契約するとき、車の購入、売却をするとき、遺産相続をするときなどさまざまです。
実印と印鑑登録証があれば、これらの権利に関する契約が結べる可能性があるので、実印と印鑑証明は別々に保管することをオススメします。個人の実印を作るには、住んでいる市役所で印鑑証明の申請すれば、印鑑登録カードを作ってもらうことができ、その印鑑が実印となります。印鑑は認め印でも登録すれば、実印となります。通常、すぐには発行されず、登録されるまでに数日は必要となります。印鑑登録証が出来上がり、受け取りは基本的には本人が受けとるという形になっています。委任状があれば、その限りではありません。
一方、法人の場合は登録場所が異なり、法人の場合は登記所に申請を出す事により実印という効力を満ちます。法人の印鑑証明は印鑑登録カードさえあれば、その会社の従業員でも取得する事が可能です。