実印は日々の暮らしに欠かせない日本人にとって身近なアイテム

子供のプライバシーを守る 印鑑作成

タイミングで実印を作る方が多い

日本人にとって身近なアイテムであり、日々の暮らしに欠かすことのできない印鑑。普段の生活では認印で事足りますが、高額のお金がかかる時に実印が必要になることがあります。具体的には車や家の購入時に必要となることが多いです。そのため、車、家の購入時や、就職、結婚のタイミングで実印を作る方が多いようです。
実印は実店舗でもネット通販でも作ることができますが、それぞれメリットデメリットがあります。実店舗のメリットは専門家の意見を聞き、いろいろ相談ができること、また実際に手に取って見ることができることです。デメリットはどうしてもネットに比べて価格が高いこと、注文してすぐにできるわけではないので、受け取りまでに日数がかかることです。そしてネット通販のメリットはなんといっても価格が安いこと。実店舗の半額というものもあります。また実店舗では取り扱っていないような珍しい材質のものがあったりします。デメリットは実物を見られないということと、自分で実印についてある程度調べる必要があるという点です。
実印を手に入れたら、市区役所で印鑑登録をし、印鑑登録カードを発行してもらうことができます。この印鑑登録カードがあれば、印鑑証明の交付申請をすることができるのです。

実印ははんこの中でも最も重要なはんこ

実印。皆さん一度は使ったことがあるんじゃないんでしゃうか?実印について少し解説したいと思います。まず、実印とそうではないはんこについてです。
実印とは、ご自身が住民登録されている市区町村の役所などで名前を彫刻されたはんこを登録申請し、受理されたはんこのことを指します。とっても高いはんこでも、100円程度で購入するしたはんこでも登録申請し、受理されればそれは実印です。実印ははんこの中でも最も重要なはんこになります。認印のように家族で同じはんこを使う事の無いようにしなければなりません。
では、実印はどんな時に使うのでしょうか?不動産の取り引きや、契約書、遺産相続などでも使用されます。では、そんな重要な実印はどこで作れば良いのでしょうか?作るならはんこ屋さんや、通販などになってきます。勿論、上述した通りホームセンターで買ってきた100円程度のはんこでも大丈夫です。
作るタイミングはいつがいいか、必要になったから作る、でもいいと思いますが、即日出来ない場合もあり、手彫りなんかだと2週間くらい必要な場合も出てきます。なので、なにかの節目に作ると必要な時に困らないと思います。女性であれば、結婚した時に作られる方も多いですね。女性は結婚すると苗字が変わる方が大半ですから、今まで使っていたはんこが苗字入りだと使えなくなってしまいます。そのため女性の場合だと最初から下の名前だけで作られる方も多いんだとか。

三文判と実印は何が違うのか?

実印と三文判の違いは分かりますか?社会人になるとこのような事を理解しておかないと、困る場面もありますから、しっかり理解しておきたいですね。ここでは実印と三文判の違いを解説します。
・実印と三文判はどう違う?
実印と三文判には実は明確な違いをつけられません。理由は三文判は実印になる事も出来るからです。そもそも三文判とはどんなものでしょうか。三文判とは普通は安価なハンコの事を指します。ハンコ屋さんでも、100円ショップでも、文房具店でも買えます。総じて値段は安めで、100円を切るような価格のものもあります。これらは多くの場合は機械製造されている同型印です。このような値が張らない安いハンコを一般的には三文判と言います。でも、いくら安物でも市区町村に印鑑登録の届け出をすれば、実印として認められます。このような事情から、三文判と実印に明確な違いはないのです。
・三文判を実印登録する危険性
三文判も実印として機能します。しかし、この三文判を実印として登録する事は危険な面があります。なぜなら三文判は大量に生産されているからです。たくさんの量が製造されているいう事は、同じ印影の印鑑が大量に出回っているという事です。ですから、印影を実印に使用するという事は、偽造のリスクが高くなるのです。したがって、実印はオリジナルのものを作るのが一番理想的です。自分の身を守るためにも実印の作成には注意しましょう。

今後人生できっと必要になるであろう実印はネットで購入することも可能です。日頃忙しくて、実印を店舗で購入する暇がないというような方にはとくにおすすめです。ネットでもさまざまな種類があるので、おそらく最適な実印を手に入れることができると思います。

オススメ

  • 実印と印鑑証明について

    実印が必要になるのは、高額な金銭を取引する際に、契約書類に必要になります。契約書類に実印を押し、印鑑証明書と照らし合わせて本人確認を行います。では、高額な…

    »詳しく見る

  • 実印が欲しい!出来上がるまでの時間は?

    実印を持っていますか?実印はなかなか使う場面も少ないので、あまり必要性を感じていないのは当然かもしれません。それに作るのも時間がかかりそうで、なんとなく先…

    »詳しく見る

  • 実印の書体について

    実印を作る際、どれくらいの大きさで、どういった書体がいいかということについて迷うことと思います。実印の大きさ・書体について決まりはあるのでしょうか。…

    »詳しく見る

  • 実印はすぐに作れます

    大切な書類やこれだけは、きちんとした印鑑でやりたいということありませんか?特別に自分のために印鑑を作るというのは、社会人として、一歩前進したような気がして…

    »詳しく見る